大晦日に限りなく近い年の瀬に、事務所総出で神奈川県南足柄某所にある「夕日の滝」にて滝行を行いました。滝行は山を神と奉る修験道の伝統を受け継ぐ、古来からある修行法です。幸い天気には恵まれたものの、その寒さは想像を絶するもので、単なる手をあわせるだけのパワースポットでないことは滝に入るまでは分かりませんが、入った瞬間にその全てを知らされることとなります。千本針で身体を刺されるような寒さの上に、滝の剛圧で息が出来ず、大声を出してやっと呼吸が出来るという状態が90秒間続きます。永遠に思えるような時の流れと過酷さに言葉という概念を根刮ぎ奪われたレンジャーチームですが、小屋に帰るとさっきまでどこにあるかわからなかった太陽が手が届く場所にあるような不思議な感覚に包まれました。滝行自体は無であり、この太陽の光にこそ意味があると和尚さんが語ってくれました。

滝行の後は箱根の温泉旅館でもうひと修行。ジャンケンで負けた人は即座に腕立て伏せを10回するという「腕立てジャンケン」により、更なる新年への想いに追い打ちを掛けました。膝や頭を付けても上がらなくなるまで続けなければならないというルールのもと、最後の一人になるまで終わらない「罪に先立つ悔恨」を消滅させんばかりのプッシュアップタイムが繰り広げられることとなりました。否応なく自身と向き合う状況に自分を追い込むことによりエキサイティングな一年の締括りが出来たと思います。

今年も宜しくお願い致します。依頼者の力強い物語の再生に向け、事務所一同、邁進する所存でございます。